バイセル

夏 着物 衣更えの準備 夏と冬の着物の違いとは

タイトルを見ると、少し早いとお思いかもしれません。

今はまだ3月、衣更えまではしばらくありそうです。

夏着物は、生地から襦袢にいたるまで冬物とはあつらえが違い、夏用に仕立てなければ着られません。

生地を決め、ゆのしをして、仕立てあがるのには時間がかかります

夏用を一つ用意したいと思ったら、もう準備をし始めなければ。。。ですね。

そもそも夏用は冬用とどこが違うのでしょう。

現代では、真冬でもノースリーブの服を着たタレントさんなどが普通にテレビに出ています。

暖房はあるし、どんな格好でも風邪を引かないということでしょうが、和服となるとちょっとした決め事があり、それを知らずに着てしまうと恥をかいてしまうことがあります。

衣更えの時期に、さりげなく夏着物に替え、涼し気に歩きたいものです。

「夏と冬の着物の違いとは」について、今日は簡単にお話しします。

■仕立て

6月の衣更えでは、まず袷(あわせ・裏地付き)から単衣(ひとえ・裏地なし)に代わります。

この時点では、まだ夏用の薄物の生地でなくとも良いです。

■生地

7月にもなると、薄物と言って、完全に夏用の生地になります。

名前や織り方をご存知の方も多いと思いますが、代表的なのが『(ろ)』と『(しゃ)』『上布(じょうふ)』です。

透け感の多い生地ですが、絽と紗では、織り方が違いますし、も違ってきます。

ちなみに、絽は織り方で横に縞ができて、それが特徴となります。

詳しいお話は後日に回しますが、絽のほうが格上となりますし、着る時期も長くなります。

紗は、かなりの透け感で、カジュアルからセミフォーマルまでの用途となります。

上布は麻です。麻は通気性がよく、現代の洋装の生地としても人気ですね。

というわけで、フォーマル度No.1の夏用の喪服も絽で作ります。

昨今は、冬物とセットで販売されていることが多いですね。


■襦袢、小物

汗をたくさん掻くのですから、当然襦袢の素材や織り方が違います。

帯も夏用は暑苦しくないものになりますし、バッグは籠のようなものや編んだものなど、涼し気に。

次回からは、絽と紗の違いや襦袢、帯などについてを、もう少し詳しくお話したいと思います。

★★ニュース★★

高島屋の新しいオリジナルデザインの振袖が出ました。

あまりにも可愛く素敵で、来年の成人式や結婚式のお色直しにいいです!

私好みなので、勝手にご紹介(^^♪

色は3種です。

価格は、下記フルセット内容合計で、324,000円(税込)

セット内容:振袖(お仕立て上がり)、袋帯(お仕立て上がり)、長襦袢(半衿付・お仕立て上がり)、重ね衿、帯締め、帯揚げ、草履バッグセット、着付け用小物セット(肌着・裾よけ・伊達締め2本・腰紐5本・帯枕・帯板)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする